メイン •  一覧 •  ムービー投稿 •  閲覧ランキング •  評価ランキング

鏡音リン レン(ボカロ)楽曲の試聴・視聴★





銀の少女 人気 - 鏡音リン レン(ボカロ)


評価:0.00
ファイル情報:00:00/340kbps
動画・曲:音楽・鏡音リン レン(ボカロ)
視聴/試聴数:(ヒット数:)  203

EMBED:Embedの表示にはログインが必要です。

曲名・作者表示・歌詞
銀の少女 - awaking mix -

作詞:灯下はこ、
作曲:150P
編曲:150P


夕立をひとりで 彷徨い歩く 
赤い靴散らばる 森の奥深く


庭師が差し出した 楽園の罪
疑わないまま 微かに歯を立てる


鏡のむこうがわ 映るまなざし
大人びた仕草で笑う 少女は


「薄紅の鮮やかさはまだ あなたには似あわない」
無機質の影が ささやいた白昼夢 侵される


純白の日々は移ろって 当たり前に崩れてく
その窓枠の向こう側で どうかわたしを誘わないで


飾り立てた銀のピアノ ウソを鳴らす幼さが
ただひとつ残されたもの


茨のなか息を止めて 眠ったならそのままで
時を止められるでしょうか


ただ このままでいたかった
それもかなわないなら


鏡のなか 昏い瞳 
もうすぐに 大人になる
さよなら、わたしの ウタカタ


薬指 刺さった短針 流れ出た赤色が
錆びるなら 今は 骨のような体でいさせてよ


憧れは胸に息づいて それでも朝に怯えて
二人向き合う時間だけが わたしを守る鎖でした


森のむこう 誰かの手が 迷い見透かしたように
おいでなさいと手招く


割れる鏡 喪われた わたしの顔した少女
ここでサヨナラと微笑む


また 手を離したのは誰?
いま 手を引くのは誰?


わたしだけが わたしのこと守れたのに 
「行かなきゃね」
最後の魔法を ほどいた


わかってた 砕けたなら進むだけと この森を 
緩やかに焼き払い 靴だって捨てるから
ココロまで 連れ出して


灰になった銀のピアノ 最後の幼ささえも
わたしの腕で燃えていく


茨のなか 冷たい腕 わたしの涙に触れる
あなたが時を動かして


もう すべてが森のなかで
だけど かまわないから


目を逸らさず 
迷わぬよう 連れていって 明日まで
さよなら、わたしの ウタカタ



* 銀の少女 人気 - 鏡音リン レン(ボカロ)以外の動画も当サイト内ですぐに探せます。
検索キーワード:



鏡音リン レン(ボカロ)楽曲 動画・無料視聴当サイトはYouTube動画を利用しています。視聴は出来ますが、ダウンロードは出来ません。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。