夏の庭と白い骨 | MEIKO(ボカロ)

467
公開日: 1月 27, 2015 by Vocalo Show Tube

          

夏の庭と白い骨

作詞 : ■P
作曲 : ■P
歌声(ボカロ) : MEIKO

(歌詞)
真夏の庭に 始まりまた終わる    わたしの恋が 最期の息をつく    打ち捨てられた 思い出を褥に    わたしの骨が 横たわる

過ぎ行く真昼に わたしの影を見失う    去り行く時間に あなたの本当を見失う

翳りゆく日差しに抱かれる    幸せだったわたしのかけら    やるせなく汗に湿る肌は    風になぶられ冷えてく

始まりと終わりの ひとそろいの帰結    わたしの目の前で 物語が閉じる

あなたと わたしの 言葉より大切だったものは    あなたの熱を失い 言葉にならず朽ちてく

真夏の日差しの中で    小さな骨は幸せだった    あなたのことが大好きで    小さな骨は幸せだった

翳りゆく日差しに抱かれて    くちなしの香りにむせぶ    あと少し 歩き出すまでは ここにいさせて

火照る肌の熱さも冷えて    夏の草も枯れるけど    わたしの恋の白いなきがらは    ここに静かに横たわる

真夏の庭は 永遠の庭    日ざかりの日の下 静かに

カテゴリー 作詞・作曲者別

コメントはまだありません

コメントする